2007年09月04日

櫛は串からできた?

櫛は必需品です。


櫛は串からできた?


クシの歴史は古く、スカンジナビア半島では一万年前のものと思われる動物の骨でできたクシが発掘されており、ヨーロッパでは中石器時代、中国では殷の時代にすでにクシが使われていたようだ。日本では約7、8000年前の縄文時代末期からはじまるとされ、日本書紀や古事記にもクシに関する記述がある。神への供物を刺した串を束ねたものがクシ(櫛)になったともいわれ、クシは神聖なものとして扱われてきた歴史がある。クシが折れると縁起が悪いという言い伝えもその名残かもしれない。今のような歯形のクシは奈良時代に中国から伝えられたものが原型となった。

  

レザーウォレット








シルバーコンチョウォレットチェーン/然
        &
レザーウォレットウォレットロープ革ウォレットチェーン)/Theseus
和柄シルバーアクセサリー
ラベル:雑学
posted by モヒ at 08:53| 和歌山 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。