2007年09月18日

大根をおいしく食べるには

「おろし」は苦手です。


大根をおいしく食べるには


貝割れが成長すると大根になるが、大根おろしには、しっぽの方より、葉に近い首の方がいいといわれる。これは、大根のしっぽの方には、空気に触れると苦みの成分となる窒素化合物が多く含まれているからだ。細い部分により多くの窒素化合物が集まっているので、大根はなるべく太いものを選んだ方がよく、しっぽの方や細い大根は煮物に使う。また、なるべく空気に触れさせないように、大根は食べる直前におろすのがよい。ちなみにへたな役者のことを大根役者というのは、大根はどうやって食べても中毒しない(あたらない)ことからきている。

  

レザーウォレット








シルバーコンチョウォレットチェーン/然
        &
レザーウォレットウォレットロープ革ウォレットチェーン)/Theseus
和柄シルバーアクセサリー
ラベル:大根
posted by モヒ at 09:25| 和歌山 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。